Language

nimocaの払い戻し

nimocaカードが不要になったとき(解約・払い戻し)

カードが不要になり、解約・払い戻しをご希望の場合は、nimoca取り扱いバス営業所や駅窓口、定期券発売所などへお申し出ください。

記名式nimocaや定期券の払い戻しの際は、ご本人を確認できる公的証明書(運転免許証など)が必要です。

nimoca・スターnimocaの場合

入金残額から払い戻し手数料を差し引いた金額と、デポジット500円を払い戻しいたします。カードは回収いたします。

nimoca・スターnimocaの場合

※払い戻し手数料は220円です。ただし、入金残額が220円未満の場合は入金残額を払い戻し手数用といたします。

(例)入金残額150円の場合、払い戻し手数料は150円となります。

※1円単位の入金残額がある場合、10円単位に切り上げて払い戻しいたします。

(例)入金残額311円のnimocaカードは、91円の払い戻し額を100円として払い戻しいたします。

 

クレジットnimocaの場合

入金残額から払い戻し手数料を差し引いた金額とカードをお返しいたします。

クレジットnimocaの場合

※払い戻し手数料は220円です。ただし、入金残額が220円未満の場合は入金残額を払い戻し手数料といたします。

※1円単位の入金残額がある場合、10円単位に切り上げて払い戻しいたします。

定期券を搭載している場合

定期券発売所へお申し出ください。定期券払い戻し算定額に応じて計算が異なります。

※定期券を搭載している場合、有効期限にかかわらず、各定期券の取り扱い窓口でのみ払い戻しができます。

定期券のみが不要な場合

定期券発売所へお申し出ください。定期券払い戻し算定額から、定期券払い戻し手数料を差し引いた金額を払い戻しいたします。カードは引き続きご利用いただけます。

520-1.jpg

代理人が払い戻しをする場合

記名人(ご本人)と代理人の公的証明書(運転免許証など)と、記名人からの委任状または続柄がわかる公的証明書が必要です。
※下記、注意事項もご確認ください。

nimocaカードの払い戻しについての注意!

●クレジットnimocaの電子マネー残額払い戻しによってnimocaは解約となります。別途クレジット機能の解約手続きが必要です。
●「アレコレnimoca」・「MUSBO nimoca」・「Debit+nimoca」の場合、最初にお申し込み先の各銀行窓口にてお手続きを行ってください。その後、nimoca取り扱いバス営業所や定期券発売所などへお申し出ください。
●「オールインワンnimoca」・「moteca-de-nimoca」・「taiyo patona nimoca」「YM CARD nimoca」の場合、最初にnimoca取り扱いバス営業所や定期券発売所などでお手続きを行ってください。その後、お申込み先の各銀行窓口にお申し出ください。
●ご本人を確認できる公的証明書(運転免許証など)が必要です(券面に記載されているカードの場合)。
●記名式nimocaは、情報を正しく登録しないと公的証明書(運転免許証など)の呈示でも本人確認ができず、払い戻しができない場合があります。
●払い戻し手数料は220円(税込)です。ただし、入金残額が220円(税込)未満のときは、入金残額を払い戻し手数料といたします。
●払い戻し手数料は税込です。
●1円単位の入金残額がある場合は、10円単位に切り上げて払い戻しいたします。
●ポイント残高の払い戻しはできません。事前に入金残額に交換してください。
●JMBnimocaの場合、JALマイレージバンク機能は継続されますので、JMBカードを発行して送付いたします。その場合、JMBお客様番号に変更はありません(JALカード、IC機能付JMBカードなどお持ちのお客様には、JMBカードは送付されません)。ただし、旧カードにチャージ済みの残高がある場合は、新JMBカードには引き継がれませんので、旧カードで残高を使いきってください。

ページの先頭へ戻る